鏡の国のアリス(後期)

『不思議の国のアリス』の続編『鏡の国のアリス』 どんなおはなし?マザーグースやノンセンス詩って? 『不思議の国のアリス』の続編として1871年に出版された『鏡の国のアリス』は今年で出版150周年を迎えます。 『鏡の国のアリス』は、鏡を通り抜けた先のチェスの世界が舞台となり、ゲームに沿っ ...


おもちゃが奏でるドイツの音色(後期)

楽器がモチーフのおもちゃとともにドイツの文化をご紹介。 ドイツ東部のエルツ地方は、木工おもちゃづくりで世界的に有名です。20世紀までは鉱業で栄えていましたが、やがて衰退していきます。人々は生計を立てるため、鉱業の技術や手先の器用さを活かして木工おもちゃを作るようになりました。おもちゃの題材とな ...


軽井沢×「文豪とアルケミスト」

このたび、軽井沢高原文庫と、DMM GAMES配信のゲーム「文豪とアルケミスト」とのタイアップが決定しました。タイアップ期間中、軽井沢高原文庫で現在開催中の企画展「ことばの万華鏡~軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル~」にあわせて、敷地内の堀辰雄1412番山荘にて、「文豪とアルケミスト」のキャ ...


企画展「~記憶と証言~登戸研究所の伊那谷疎開

 駒ヶ根市中沢地区・東伊那地区・赤穂地区さらに本部の置かれた宮田村、飯島地区での旧陸軍登戸研究所疎開時の状況について、生存者がわずかとなってしまった状況の中で、少しでも情報を得るための聞き取り調査を登戸研究所調査研究会、また復活した、新たな赤穂高校平和ゼミナールの高校生による聞き取り調査の現時点での ...


軽井沢×「文豪とアルケミスト」

ムーゼの森 軽井沢絵本の森美術館と、DMM GAMES配信のゲーム「文豪とアルケミスト」とのタイアップが決定しました! タイアップ期間中、軽井沢絵本の森美術館で開催中の企画展「鏡の国のアリス」内にて、「文豪とアルケミスト」のキャラクター「ルイス・キャロル」「芥川龍之介」「菊池寛」の3名の等身大パネ ...


小林章と小林邦 ―彫刻と洋画―

当館の所蔵作家であり、安曇野市出身の彫刻家・小林章(兄)、洋画家・邦(弟)の作品のなかから、令和元年度、2年度に収蔵された作品を中心に、約40点を展示します。 小林章と小林邦 ―彫刻と洋画― 会  期: 2021年5月7日(金)~ 8月1日(日) 開館時間:9:00~17:00(入館は午後 ...


一水会・田崎廣助「師弟展」廣助と廣陵会

 戦後の復興期、若い画家たちが、廣助の芸術観や人となりに同調し、慕って、昼夜問わず勉強に来た。そこで、1949年(昭和24年)51歳の時、先生と弟子の研究会「廣陵会」を発足した。「廣」は廣助の名前から、「稜」は山の稜線すなわち阿蘇を意味する。  今企画展では、廣助が一水会展に出品した作品と、廣陵会 ...


安曇野市の日展作家8人展

安曇野市内在住の日展作家8名による展覧会を開催します。 日展は、1907年の発足から114年の歴史を誇り、第一線で活躍する作家を多数擁しながら常に日本の美術界をリードし続けてきました。 本展では、日展会員の岸野圭作氏と改組 新 第1回~7回日展入選作家(日本画、洋画、工芸美術、書)7名による、日 ...


元木貴信・庸子 ガラス展

横浜に工房を構えるガラス作家、元木貴信さん・庸子さんの二人展です。 貴信さんは色ガラスや金銀を多用する宙吹きガラス、庸子さんはガラスに高圧の砂を吹き付けるサンドブラストとエナメル彩の技法で作品を制作しています。 奥行きのある色彩表現や金属箔のきらめき、花や小鳥などの生きものを彩り豊かに描いた ...


服部一郎コレクション近現代絵画展 かたちを観る

ルノワール、デュフィ、ピカソなどの作品を「かたち」に注目してご紹介。また、2020年5月に惜しまれつつ亡くなった現代美術家クリストのドローイング作品を特集展示します。


春季展「髙井鴻山と師友 岸駒、星巌、上龍、暁斎、象山ら多彩な顔ぶれ」

善光寺を訪れる文人墨客は必ず鴻山邸を訪問するといわれるほどで、京都、江戸への遊学は多くの人脈形成に役立ちました。師友に恵まれた鴻山の姿を感じられます。 ◆会期 令和3年4月23日(金)~令和3年7月7日(水) ◆開館時間 午前9時~午後5時 ◆入館料 大人 300円 高校生 ...


特別展「市制施行80周年記念 写真で振り返る諏訪市の80年」

昭和16年8月に諏訪市は誕生し、今年で市制施行から80年を迎えます。 これを記念し、昔の諏訪の様子やさまざまな出来事を撮影した写真展を開催します。  展示名称 特別展「市制施行80周年記念 写真で振り返る諏訪市の80年」  開催期間 令和3年4月29日(木・祝日) ~ 8月22日(日 ...


収蔵作品展Ⅰ 人々の肖像

人物を対象とした肖像画・肖像彫刻は、古くから数多く制作されてきており、教科書などの書籍や博物館・美術館、街角などさまざまな場面で目にする、なじみ深い存在です。 本展では、髙橋貞一郎や武井直也など郷土の作家が制作した肖像画・肖像彫刻を一堂に展示します。似たような様式に見える肖像画・肖像彫刻も、構図 ...


「ことばの万華鏡 ~軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル~」展

日本の中の西洋であった軽井沢は、明治以降、多くの文学者・美術家らにより文学作品や美術作品に描かれてきました。 本展では、「ことばの万華鏡~軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル~」展と題して、明治以降に軽井沢を訪れ、創作活動を行った文学者・芸術家の作品の中から、軽井沢を舞台に描いた詩・小説・戯 ...


『あまがえるのかくれんぼ』絵本原画展

図鑑などの仕事も手がけ、『つちはんみょう』で小学館児童出版文化賞を受賞した昆虫好きが注目する絵本作家・たてのひろしの文で、弟子のかわしまはるこが絵を担当した、初めての師弟コラボレーション作品『あまがえるのかくれんぼ』の原画を全点展示。 この絵本は元々は保育園・幼稚園向けの直販商品((ソフトカバー) ...


あかちゃん絵本原画展

安曇野市在住の絵本作家・まるやまあやこが絵を手がけたあかちゃんの成長に寄り添う絵本4冊の原画全点を展示致します。『ぽんぽんぽん』は、赤ちゃん絵本研究会代表で、編集者・絵本作家のうしろよしあき文。「はじめてのことばシリーズ」は、日本で初めての男性保育士として勤務後、絵本作家やシンガーソングライターなど ...


特別展「麗しのエナメル彩ガラス ーガレ・ドーム・ラリックー」

■企画内容 19世紀末の芸術潮流「アール・ヌーヴォー」の旗手として活躍したエミール・ガレ(1846-1904)。 ガレが登場した当時、ガラス界ではクリスタル・ガラスの透明な輝きが人気を博していました。その流れを一転させたのが、草花や昆虫など自然のモチーフを取り入れたガレの色ガラス表現でした。自然 ...


自然と対話する 花田和治の世界

「花田和治の世界」展(2020年11月14日~2021年3月28日)の続編として、前回紹介しきれなかった未公開作品を加え、花田作品の創造性をより深く掘り下げて展示いたします。 花田和治は1946年に北海道札幌市に生まれ、65年に東京藝術大学に入学、小磯良平(1903-1988)に師事して油彩画を学 ...


ポーブル?セ・ラ・ヴィ!展

男の子は風来の詩人、女の子は細腕の淑女。フランス人画家レイモン・ペイネ(1908~1999)が描く「恋人」たちは、その可愛らしい姿にふさわしく?のん気で、ほんの少し浮世離れしていて、何だか世渡りはあまりうまくないようです。 詩人という夢追う職業と、そして、若さゆえの常でしょうか、どうやら懐が少し寂 ...


特別展 禁煙友愛会65年の歩み展

伊那市で絹糸問屋をしていた小坂精尊おさかきよたか氏は自身が重い胃潰瘍を患ったためタバコを絶ち健康を取り戻しました。それをきっかけに禁煙啓発活動を始め、昭和30年(1955年)当初10名の仲間と共に「禁煙友愛会」を起ち上げました。 以後は県内外へ会員を増やし、最盛期には4万人を超える組織となりました ...


華のあるくらし コレクションで楽しむ日本の美意識

絵画に描かれた着物のデザインや、室内を彩る屏風や調度品、祭事や年中行事に使われた道具などを紹介。人々のくらしに彩を添えてきた名品の数々をご堪能ください。


オリジナル・マリオネット作り

●わたしの、ぼくの「オリジナル・マリオネット作り」 予約不要/自由参加 (所要時間約20分)  可愛い天使のマリオネット人形の制作です。 お子さんの夏休みの工作に最適! 一般の方のご参加もお待ちしております。 プロの人形遣いの方と一緒に作っていきます。 ...