エムナマエ追悼展 ~夢の力~

本年3月に亡くなった全盲の画家、エム ナマエさんの追悼と、画家活動50周年を記念しての展覧会を開催いたします。 エム ナマエ(本名 生江雅則)さんは1948年東京に生まれています。大学在学中、20歳でイラストレーターとしてデビューし、緻密で繊細な作風で人気を博します。 しかし多忙を極めて ...


特別企画展 やまとうた 三十一文字で綴る和の情景

奈良時代から今日まで日本の人々に愛されてきた和歌は、漢の国(中国)で作られた歌・漢詩に対し、和の国(日本)で作られた歌という意味があり、「やまとうた」とも呼ばれています。わずか三十一文字のなかに、恋愛や移ろいゆく四季を愛でる心情などを豊かに表現した和歌は、文学、書、絵画、工芸などにも影響を及ぼし、日 ...


秋の中島千波のコレクション展No.1

現代日本画家の中島千波の展覧会。今回は当館のコレクションを中心に、新発見された「衆生シリーズ」の作品や、東京藝術大学在学中に、日本画にとらわれず、版画や油彩画に挑戦した時代の貴重な作品など、さまざまな作品を展示します。


第64回特別展「文よく武を制す~高遠進徳館から信州教育に連なる群像~」

 高遠では、幕末の万延元年(1860)に藩主内藤頼直の命で藩の学校「進徳館」が設立され、明治5年(1872)に廃校となるまでの12年間で延べ500人程の人材が巣立ち、教育界や政界などで活躍しました。こうした人々の活躍により、高遠では進徳館の実学の学びが大切にされてきました。現在は「進徳館の日」という ...


田阪リカ展 ~わたしの色と糸と~

日常のある瞬間を色彩豊かに描いたイラストと、 それを飾るように 縫われた刺繍、 そしてちぎった和紙の温かみとがおりなすミクストメディア作品は、 他に例を見ない、作家独自のオリジナリティに溢れています。 ニューヨークで個展を開催、パリでは展覧会に作品を出品し、信濃毎日新聞をはじめ、 様々なメ ...


葛飾北斎とその娘応為 親子語り

日本が世界に誇る葛飾北斎とその娘、天才絵師応為が生きた時代。二人は何を思い何を残したか。 筈見純の葛飾北斎、真山亜子のお栄(応為)で魅せる、北斎絵と語りの世界。 【日時】2019年9月7日(土)16:30開場、17:00開始 【会場】北斎館一階 映像ホール 【出演者プロフィール】 ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2019-09-07〜2019-09-07

開館25周年記念秋季企画展「戦国小笠原三代 -長時・貞慶・秀政ー」 

 今年は松本藩主を二度務めた小笠原秀政(1569-1615)の生誕450年目に当たります。戦国から近世へと時代が転変する過程で武田家は滅び、追放された小笠原家は大名家として繁栄をみます。しかも、「小笠原流」と称される礼法は、今日まで脈々と息づいているのです。この名家は、激動のさなかにいかにして生き抜 ...


北斎没後170年記念 特別展「すみだ北斎美術館名品展」

葛飾北斎没後170年を記念し、長野県小布施町の北斎館と、東京都墨田区にあるすみだ北斎美術館がお互いの名品を交換展示します。 東京都墨田区は、江戸時代に活躍した浮世絵師 葛飾北斎ゆかりの地として有名であり、また小布施町は北斎が晩年の頃来遊し、大作を遺した場所として知られています。 本展覧会では、す ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2019-09-14〜2019-11-10

オリジナル・マリオネット作り

●わたしの、ぼくの「オリジナル・マリオネット作り」 予約不要/自由参加 (所要時間約20分)  可愛い天使のマリオネット人形の制作です。 お子さんの夏休みの工作に最適! 一般の方のご参加もお待ちしております。 プロの人形遣いの方と一緒に作っていきます。 ...


臨時休館のお知らせ

箕輪町郷土博物館では、上記期間中耐震診断関連工事のため臨時休館致します。 大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願いたします。 なお、臨時休館中も職員は勤務しておりますので、お電話、ご来館によるお酔い合わせ等には対応しております。あわせてよろしくお願いいたします。


中林忠良展 銅版画―腐蝕と光

地域ゆかりの作家を紹介してきた茅野市美術館では、日本版画界を代表する銅版画家で、茅野市・蓼科にアトリエを構える中林忠良(1937-)の展覧会を開催します。 中林は東京に生まれ、幼少期を疎開先の新潟で過ごします。東京藝術大学在学時に現代銅版画の先駆者・駒井哲郎に師事。繊細で奥深い精神世界とその制 ...


令和元年 特別企画展  「没後5年 辰野登恵子展 ~色彩と深化のプロローグ~

 岡谷市出身の辰野登恵子(1950-2014)は、史上最年少の45歳で東京国立近代美術館での個展を成功させ、また女性画家としては初めて毎日芸術賞を受賞するなど、日本の現代美術を牽引する画家として活躍しました。  諏訪二葉高等学校を経て、東京藝術大学に入学し、この頃から辰野の才能は群を抜いており ...


上信越高原国立公園指定70周年記念「廣助を魅了した日本の山」展

上信越高原国立公園指定70周年を記念し、廣助の作品をとおして 日本の国立公園の魅力をより知っていただく企画展です。 環境省主催による国立公園の美しい自然の写真展も同時開催中。


緑陰講座

 毎年好評の「緑陰講座」を今年も開催します。  今年は特別企画展にあわせて、堀辰雄の師匠である室生犀星先生に関してのお話をいただきます。 ◎第1回  と き 2019年8月10日(土)午前10時30分~午前11時30分  演 題 「金沢の芥川龍之介」  講 師 上田 正行 氏(金沢大学 ...


室生犀星生誕130年特別企画展「師弟を超えた交流 -室生犀星と堀辰雄-」

 堀辰雄と室生犀星との出会いは大正12(1923)年、堀辰雄が旧制中学校長の紹介により母に伴われて室生犀星宅を訪れたことに始まります。  堀辰雄は室生犀星を慕い、室生犀星は師であるとともに父のように堀辰雄を見守り続け、堀辰雄亡き後も堀家を室生家の交流は続きました。  室生犀星生誕130年にあわせ ...


夏季企画展「トキメキ・パッション・ピンク 〜カラフルな散歩と夢見がちなホワイト〜」

小林冴子「トキメキ・パッション・ピンク」 須藤友丹「カラフルな散歩」 丸尾結子「夢見がちなホワイト」 長野県にゆかりのある3名の女性作家による、 現代アートの“色”をテーマとしたグループ展。 油彩画、立体粘土造形、日本画といったそれぞれ異なる素材が表出させる色。 各作家の個性として、 ...


夏休みワークショップ「うちわ職人になろう!北斎デザインで作るオリジナル和紙うちわ」

江戸時代に活躍した北斎は、浮世絵師でもありデザイナーでもありました。 着物やくし、キセルなどのデザインを手がけ、多くの職人から支持されたといわれています。 そこで、ワークショップとして様々な北斎デザインを使って日本の夏に欠かせないオリジナルうちわを製作します。 北斎といっしょにうちわを作る気分 ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2019-08-11〜2019-08-13

安村敏信館長講演会「怖いだけではすまない幽霊画の世界」

令和元年8月17日(土)、北斎館館長 安村敏信による講演会を下記の日程で開催します。 幽霊画といえば、この世に恨みをはらすために出てくる怖い女性と思いがちですが、 じつは、美人図とみまごうばかりの幽霊や、気の弱そうな幽霊も描かれています。 さらに、男の幽霊や夫婦の幽霊など、幽霊画の世界は多 ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2019-08-17〜2019-08-17

収蔵品展 なつやすみ! アートダンジョン ~美の迷宮であそぼう~

佐久市立近代美術館の収蔵作品が展示された4つのダンジョンをめぐり、作品を鑑賞しながらクイズ(全20問)に答えてみましょう。 すべてのクイズに回答した方には「アートダンジョン 攻略認定証」をプレゼント! さらに全問正解者には「アートダンジョン 王者の証」を進呈します! 会期: 令和元年7月6 ...


夏休み自由研究対策型ワークショップ

「著作権」ってなんだろう? 「アートペン」を作りながら考えてみよう! 美術館の作品画像を素材に、デコパージュで「アートペン」を作ります。 さて、美術館の作品をこんな風に使っていいのかな? 素材の作品の「著作権」について調べたり、素材の作品の本物を学芸員さんの説明をききながら鑑賞してみよう ...