森からささやく「愛しさの絵本」原画展

<展示作品> 『ほしをさがしに』 『ねえねえ あのね』 『ありがとう なかよし』 (すべて、 しもかわらゆみ/作・絵 講談社刊) 上記、各原画全点&資料  動物たちの自然な姿を残しながら、抱きしめたくなるような可愛らしさを引き出している、しもかわらゆみさんの3冊の ...


森からはじまる『たんぽぽのふね』絵本原画展

<展示作品> 『たんぽぽのふね』まるやまあやこ/作・絵(世界文化社)3月刊行予定 原画全点&立体作品 安曇野在住の絵本作家・まるやまあやこの2017年のデビュー作、『たんぽぽのふね』(当時の出版社の倒産により絶版となっていた)が、2023年3月上旬に新装刊行されることを ...


近代・モダン 新しい時代の絵画をもとめて

コレクションより、明治期から昭和期の芸術家が制作した絵画を中心に紹介する展覧会。彼らが自分の生きる時代にふさわしい美術をもとめてつくりだした、多彩な作品をお楽しみください。


冬季企画展「ロマン美術館収蔵品展 児玉果亭・特別展示 山ノ内の縄文」

2022年冬季企画展 『ロマン美術館収蔵品展 児玉果亭・特別展示 山ノ内の縄文』  志賀高原ロマン美術館では2022年冬季企画として「ロマン美術館収蔵品展 児玉果亭・特別展示 山ノ内の縄文」を開催いたします。町内外や観光客の方々に向けて、山ノ内町の歴史文化の一端について知り、親しんでいただく ...


2023年春展「くらべてみよう!おもちゃの姿」

エルツおもちゃ博物館・軽井沢は、1998年の開館より25周年を迎えました。 春展では、「くらべてみよう!おもちゃの姿」と題しまして、様々な工房の作る「パイプ人形」や「ミニチュア」、「くるみ割り人形」、「クリスマスピラミッド」を、モチーフごとに展示します。 エルツ地方が昔は鉱業で栄えていたことから ...


2023年春展「アンデルセンのことばと絵本」

「人魚ひめ」「マッチ売りの少女」など、世界中で知られるアンデルセン童話ですが、一方で「絵本にするのがむずかしい」ともいわれます。 アンデルセンの物語には、彼の幼少期の思い出や旅での経験、考え方、さらに故郷のデンマーク語独自の表現や文化といったものが色濃く反映されているため、それらを理解しないと、な ...


あなたは信じる?摩訶不思議

  「あなたは信じる?摩訶不思議」展は、北斎が描いた妖怪や幽霊、地方に伝わる怪談、奇談などの摩訶不思議な世界にスポットを当てた展覧会です。   作画人生の中で多くのものを描いてきた北斎ですが、その中には実に不可解な現象や物事を描いたものも多く存在します。文化8年(1811)刊行された『北越奇談』は ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2023-01-21〜2023-03-26

「ほっと展」西駒郷の芸術家たちの作品展 vol.22

【展示について】 西駒郷は精力的にアート活動を行っている障害者支援施設です。芸術家たちが持つ魅力的で不思議なエネルギーに満ちた多種多様な作品を展示いたします。是非この機会に西駒郷の芸術家たちの表現に触れ、今まで見たことのない、感じたことのない世界に出会ってください。 また、製作風景の映像上映、地 ...


特別企画展 辰野清写真展「余韻」

岡谷出身の写真家 辰野清氏は豊かな構成力と詩情溢れる作風で、日本の風景表現の物語性を追求しています。フォトコンテストの審査員や日本風景写真協会指導会員、日本写真家連盟常任講師なども務め、岡谷・東京・名古屋に展開する写真クラブ、自然奏フォトグラファーズを主宰するなど写真講師としても定評があり、実践的な ...


服部一郎コレクション近現代絵画展 語りかける絵画 描かれた人物

服部一郎コレクションから、私たちに馴染み深い人物を描いた作品を中心に紹介します。描かれた人物像を通じて、親しい人々に思いを馳せる機会となれば幸いです。


向付 心躍る懐石のうつわ

向付は懐石に登場する食器の一つで、亭主が季節や茶会の趣向に合わせて選びます。本展では、館蔵品のなかから豊かな色彩やユニークな形などの向付を出品します。多彩な向付の世界をお楽しみください。


企画展「絵から読み解く!新編水滸画伝」

 この展覧会は、葛飾北斎の読本挿絵作品の中で最長の巻数を誇る大作『新編水滸画伝』を専門的にご紹介する展覧会です。 「水滸伝」は中国明の時代に書かれた長編小説で、「三国志演義」「西遊記」「金瓶梅」とともに四大奇書のひとつに数えられています。宋の皇帝、徽宗(きそう)の時代、盗賊団を率いる宋江を中心とし ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2022-11-19〜2023-01-15

2023年所蔵品展「至宝の名品 -学芸員のイチオシ 古文書編-」~時代を彩る花押・印判~

所蔵品展として古文書に焦点をあて、重要文化財を含む当館所蔵の逸品を一堂に紹介します。学芸員イチオシポイントに着目しじっくりご覧ください。(「鳥羽院庁下文」当館蔵・重要文化財)


「二十四節花〜深沢紅子の花と言葉〜」展

日本には、古代中国に由来する、暦を等分する上での区分である二十四節気があります。立春、啓蟄、夏至、秋分、霜降、立冬、大雪、大寒……。日本人は、日々移り変わる四季をこまやかに捉えることで、自然に対する豊かな感受性を育んできました。 「華やかなものより落ちついたもの」を愛した紅子は、その画業を通じて、 ...


恋のメルヘン展

素朴なメルヘンらしさにあふれたペイネの絵。「ペイネの恋人たち」のかたわらには、小鳥、リス、うさぎ、天使たちが集まって、二人の恋を祝福しています。恋の熱気と、奔放な空想が混じった、夢のようにあまやかな世界にご招待します。直筆画、リトグラフなど約40点を展示。   【時間】9:00〜17:00(冬季 ...


秋季企画展「荻原恒夫 展 天へと向かう大地、その造形と空間」

2022年度 秋季企画展 志賀高原ロマン美術館 開館25周年記念展 荻原 恒夫 展 天へと向かう大地、その造形と空間  志賀高原ロマン美術館開館25周年を記念して、2022年秋季企画展では陶芸家 荻原 恒夫の展覧会を開催致します。長野県小諸市出身の荻原 恒夫は、1972年より作陶をは ...


日達れんげ きりえ展 八ケ岳山麓の森から

 八ヶ岳山麓の自然や村の暮らし、その豊かな魅力を存分に楽しめる日達れんげの作品展。   1963年長野県岡谷市生まれ、原村在住のきり絵作家 日達れんげは1982年に切り絵と出会い、八ヶ岳の野草や風景など、八ヶ岳山麓の暮らしの中で出会う折々の美しさや喜びを、細やかな切り絵イラストレーションや和の表情 ...


特別企画展「暮らしを彩る小さな作品展/ちいさくてもいいじゃないか みんなの0号作品展

 美術作家たちは、大規模な展覧会場に展示される大型作品だけではなく、一般住宅などに飾ったり、あるいは日用品として使ったりできるような小型の作品も数多く制作していました。それらは展覧会場に足を運んで鑑賞するのとは異なり、手元に置いていつでも鑑賞でき、美術を一般の人々にとって身近なものにすることにもつな ...


「第21回駒展」「第7回ジュニア駒展」

【展示について】 長野県美術展や全国展で活躍している駒ヶ根市内在住作家による、渾身の作品を展示いたします。油絵、水彩画、彫金、染色、木工、漆など多様な分野の作品27点が並びます。 また、同時開催として博物館ロビーで「第7回ジュニア駒展」を開催いたします。 市内の小中学校の協力を得て、それぞ ...


「文学のふるさと・軽井沢―朔太郎、犀星、龍之介、辰雄…―」展

明治~昭和期までの軽井沢ゆかりの文人約 50 人の、軽井沢を舞台にした詩・小説・随筆等を、多彩な原稿・書簡・絵画・遺品・著作など約200点で紹介しています。豊饒な軽井沢文学を一望できます。 今年は詩人の萩原朔太郎の没後 80 年にあたり、全国52か所の文学館・美術館、大学施設にて朔太郎を介した共同 ...