特別企画展 松尾敏男展

本展は、2012年に文化勲章を受章した日本画家・松尾敏男(まつお・としお/1926~2016)の没後初となる回顧展です。 初期作から絶筆まで約50点の作品により、画業を振り返ります。 会期:令和元年4月27日(土)~6月23日(日)※会期中無休 開館時間:午前9時30分~午後5時 観覧料 ...


特別企画展 茶人に愛された数々の名碗

 抹茶を点てて飲むためのうつわ「茶碗」は、茶の湯に欠かせない道具の一つです。種類が多く、かたち・大きさ・色合い・文様・肌合いなど茶碗によって特徴が異なり、茶人たちは自らの茶風にかなった茶碗を用いて茶会を開いていました。時には好みのかたちの茶碗を作らせたり、名品と名高い茶碗を蒐集するなど、茶人たちは茶 ...


第2回信州学講座「石器から読み解く縄文時代の生業と黒曜石の生産活動」

第2回信州学講座 【日時】 6月8日(土) 13:30~15:10(受付12:30~) 【テーマ】「石器から読み解く縄文時代の生業と黒曜石の生産活動」 【講師】塚原秀之 (長野市教育委員会) 【会場】長野県立歴史館 講堂 【費用】聴講には講座料(常設展示券300円)が必要になります。 ...


第2回考古学講座「石槍の製作  ~命をつなぐ道具づくりへの挑戦~」

2019年県立歴史館考古学講座「時代を映す匠」 第2回考古学講座 【日時】 5月25日(土) 13:30~15:00 【テーマ】「石槍の製作 ~命をつなぐ道具づくりへの挑戦~」 【講師】近藤尚義(当館専門主事) 【会場】長野県立歴史館 講堂 【費用】聴講には講座料(常設展示券300円 ...


第1回信州学講座 「広い世界とつながる信州」

第1回信州学講座 【日時】 5月18日(土) 13:30~15:10(受付12:30~) 【テーマ】「広い世界とつながる信州」 【講師】笹本正治(当館館長) 【会場】長野県立歴史館 講堂 【費用】聴講には講座料(常設展示券300円)が必要になります。 【その他】事前申込みの必要はあり ...


画集刊行記念『中島千波作品集―こんな絵を描いてきました―』中島千波のあゆみ展

本展は、展覧会初日に刊行する画業50周年を記念した作品集『中島千波作品集―こんな絵を描いてきました―』の出版を記念した展覧会です。画集では花鳥画や人物画、挿絵やおもちゃシリーズなどの作品毎にまとめた章立てをしていますが、その章立てのとおり、展示室でジャンルにわけて作品を紹介します。第一章から第九章に ...


一茶資料企画展

一茶の資料企画展を開催予定です。 詳細は後日発表いたします。


夏休み俳句教室

子どもまたは俳句初心者の方向けに夏休み俳句教室を開催いたします。 開催日 2019年7月31日(水)・8月1日(木)・2日(金)のいずれか一日 講師  地元の俳句の先生    大人の方も参加できます。(俳句の初心者のみ) お昼には楽しい「流しそうめん」の会を行います。 参加費 中学生以下 ...


第22回一茶ゆかりの里小中学生俳句大会表彰式

第22回一茶ゆかりの里小中学生俳句大会表彰式を開催いたします。 募集対象  日本国内の小・中学生(小学1年~中学3年) 応募要領 ・題材自由 1 人1 句      ・投句料は無料      ・所定の投句用紙に、「学校名」「学年学級名」「漢字氏名」「ふりがな」       を楷書で記入のう ...


「ことばの花束~軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル~」展

日本の中の西洋であった軽井沢は、明治以降、多くの文学者・美術家らにより文学作品や美術作品に描かれてきました。 本展では、「ことばの花束~軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル~」展と題して、明治以降に軽井沢を訪れ、創作活動を行った文学者・芸術家の作品の中から、軽井沢を舞台に描いた詩・小説・戯曲 ...


第23回一茶ゆかりの里俳句大会

第23回一茶ゆかりの里俳句大会を開催いたします。 投句料  3句1組1,000円(書留又は郵便小為替。切手は不可) 応募締切 2019年8月19日(月)(当日消印有効) 投句先  〒382-0825 長野県上高井郡高山村大字高井5161-1  歴史公園信州高山 一茶 ...


一茶新緑茶会

表千家宮前社中による、薄茶2席と点心席 9時30分~14時30分 当日券:薄茶席1席500円


春季企画展「たかはしびわの現代アート 美術館がペンギンでいっぱい」

佐久市在住の現代美術作家たかはしびわは、ペンギンを描き続けています。2006年から現在までの14 年の間に技法や描写を変え、自らの芸術性の探求をしつつ、自由奔放に現代アートとしてペンギンを描き続けています。初期作から2019年の最新作まで、約200点以上のペンギンの作品が勢ぞろいします。 開館 ...


野いばら講座

堀辰雄の命日にちなみ「野いばら講座」を開催します。 今回は企画展「堀辰雄と旅 -大和路編-」にあわせての講演となります。 と き 2019年5月26日(日)午後1時30分~午後3時 ところ 堀辰雄文学記念館(軽井沢町大字追分662) 講 師 髙橋 梓 氏(近畿大学法学部講師) 演 題  ...


企画展「島崎藤村と小山敬三展」

自然主義文学で知られる島崎藤村は、子供の頃から絵画への関心が高く、画家になることを考えたこともありました。藤村が小諸義塾の教師として小諸で過ごした時に小山家と親交があった縁で、小山敬三は画家を志す際、藤村の助言を受けに行きます。藤村は、小山を激励し、さらにフランスへ絵画を学びに行くことを勧めました。 ...


平成31年度 収蔵作品展Ⅰ 本物を見よ 山田郁夫展

 岡谷市出身の水彩画家 山田郁夫(1927-1996)は、独学で絵を学び、教職に就くかたわら生涯を通じて画業に励みました。 「本物を見よ、本物を求めよ」が口癖だったという山田は、徹底したデッサンに始まり、対象から受けた感動を完全に消化したうえで、色彩と形態が響きあう幾何学的な構成の作品を数多く生 ...


ひとつぶの魔法 絵本原画展

【展示絵本作品】 『うめぼしさん』 かんざわとしこ/文 ましませつこ/絵 (こぐま社) 『くるみのなかには』 たかおゆうこ/作・絵 (講談社) 『せかいいちのいちご』 林木林/作 庄野ナホコ/絵 (小さい書房) 『どんぐりと山猫』 宮沢賢治/文 高野玲子/絵 (偕成社)  ※各原画 ...


企画展「面白すぎる‼北斎漫画の世界Ⅲ」

 『北斎漫画』は、文化11(1814)年~明治11(1878)年の65年間にわたって刊行された大ベストセラー作品で、北斎が55歳の時に初編が出版され15編まで刊行されました。  『北斎漫画』を出版した頃の北斎は、50歳半ばにして200人を超える弟子がいたと伝えられています。そこで「版本」という誰で ...

  • 場所:北斎館
  • 開催期間:2019-03-30〜2019-06-09

特別展関連イベント

 伊那市立高遠町歴史博物館では、第62回特別展「花とともに生きる」を開催しています。この特別展に合わせて楽しいイベントを開催します。ぜひ高遠町歴史博物館へお越しください。 1 缶バッジプレゼント   特別展へお越しいただいた方に特別展チラシを使ったオリジナル缶バッジを   プレゼントします ...


第62回特別展「花とともに生きる」

 近年の伊那市は花にかかわる取り組みが盛んです。  桜守の方々による市内の桜の保護、高遠しんわの丘ローズガーデン・ポレポレの丘でのイベントと花の手入れ、伊那まちの再生やるじゃん会による「バラ咲く街角事業」(バラの鉢植え設置)、伊那市芸術文化大使の唐木さち氏を招いての生け花の実演など、花の美しさを生 ...