写真

諏訪の歴史を紹介する常設展示室Ⅰ

住所
〒392-0015 諏訪市中洲神宮寺171-2
TEL
0266(52)7080 
FAX
0266(52)6990
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜 祝日の翌日
料金
一般300(200)円/小中生150(100)円/(20名以上)
駐車場
60台(無料)
交通アクセス
中央道諏訪ICより車5分。JR中央本線上諏訪駅よりバス約30~60分 ※路線により異なります。
ホームページ
ホームページはこちら

轟音響く神秘の自然現象
暮らしが生んだ伝説や民話

諏訪の自然と歴史を感じる

 諏訪大社上社のそばにある、諏訪の「時間・自然・信仰」をテーマとした博物館です。
 諏訪の歴史に関する展示室では、諏訪信仰の発生と変化を時代順に紹介しています。縄文時代から江戸時代までの資料を展示、大隅流・立川流による社寺建築の彫刻や、迫力ある御柱【おんばしら】祭の映像、諏訪の竜蛇【りゅうじゃ】伝説のアニメなどを見ることができます。
 諏訪の民俗に関する展示室では、諏訪の人々の生活に根ざした伝説や民話、暮らしにちなんだ民具、漁具などを紹介しています。床面に描かれた諏訪湖の上に立つアーチをくぐると、全面結氷した諏訪湖に出現する御神渡り【おみわたり】が起こるときに響く轟音【ごうおん】が聞こえます。
 1階の特別展示室では、世界のチョウ約2000頭を展示。そのほか、詳しく知りたい情報はコンピュータ「諏訪百科」で検索できます。

神宮寺足湯で疲れを癒やす

 博物館の正面に、地元神宮寺【じんぐうじ】の源泉をひいた足湯があります。利用時間は季節によって変わりますが、来館者はもちろん、諏訪大社の観光客や地元民も利用できる無料の足湯です。

写真
写真

神秘的な蛇体文土器(縄文時代)

写真

御神渡りの音が聞けるアーチ

主な展示品

該当する展示品はありません