「自然讃歌~野の花を描く~」展

場所:深沢紅子野の花美術館   開催期間:2020-03-19〜2020-06-09  お問い合わせ:電話0267-45-3662

軽井沢の自然を愛し、高原の野の花を数多く描いた深沢紅子の水彩画の中から、「サクラソウ」「ニリンソウ」「テッセン」「ホタルブクロ」など、浅間高原の春から初夏にかけての野の花作品約30点のほか、女性・花などを描いた油彩画20点、書籍約30点などを紹介しています。また紅子の夫・深沢省三(画家)の部屋では、深沢省三作品(「浅間山」ほか)を展示。
美術館の建物は、旧・軽井沢郵便局舎(1911年)を活用しており、国登録有形文化財に指定されています。
※本展は3月1日スタート予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、18日間、臨時休館させていただき、3月19日からスタートいたしました。

〇入館料:大人(高校生以上)600円、小人(小・中学生)300円
〇開館時間:午前9時~午後5時
〇休館日:会期中無休

〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉217
電話0267-45-3662
FAX0267-45-6466

作品(画像):深沢紅子 「サクラソウ」 水彩 1991
(サクラソウは軽井沢町の町花です)