写真

長次郎作 黒楽茶碗 銘 雁取

住所
〒392-0027 諏訪市湖岸通り2-1-1
TEL
0266(57)3311 
FAX
0266(53)4458
開館時間
9:30~16:30
休館日
月曜(祝日の場合は開館) 年末年始 展示替・館内整理期間
料金
一般・高大生1000(900)円/小中生400(350)円/(20名以上)
駐車場
70台(無料)
交通アクセス
中央道諏訪ICより車15分。JR中央本線上諏訪駅下車徒歩15分
ホームページ
ホームページはこちら

茶道具から西洋絵画まで
国宝や重文の貴重品

国宝の茶碗や茶道具

 サンリツ服部美術館は、日本・東洋の古美術に、西洋の近現代絵画を加えた作品を収蔵しています。
 特に茶道具を中心とする工芸に優品が多く、国宝本阿弥光悦作「白楽茶碗 銘 不二山【しろらくちゃわん めい ふじさん】」、千利休が弟子に与えたという長次郎作「黒楽茶碗 銘 雁取」などがよく知られています。このほか、重要文化財「大中臣能宣像【おおなかとみのよしのぶぞう】(佐竹本三十六歌仙絵断簡)」や、装飾性豊かな琳派の秀作、中国宋元画や室町水墨画、平安時代の古筆切【こひつぎれ】、禅僧の墨蹟などを収蔵しています。さらに、ルノワールなどの西洋の近現代絵画も収蔵しており、これらの作品は館内にある2つの展示室で年数回の企画展で順次公開しています。

水辺より湧き上がる雲

 「水辺より湧き上がる雲」をイメージした建物は、建築家内井昭三【うちいしょうぞう】氏の設計。館内にはオリジナルグッズなどを販売するミュージアムショップや、諏訪湖を眺めながら寛げる喫茶室カフェ・パリエがあります。

写真
写真

ルノワール《女の肖像》

写真

重要文化財「大中臣能宣像(佐竹本三十六歌仙絵断簡)」

サンリツ服部美術館の企画展・イベント情報

主な展示品

該当する展示品はありません