写真

寺瀬黙山作「一茶像」

住所
〒389-1305 信濃町柏原2437-2
TEL
026(255)3741 
FAX
026(255)5505
開館時間
9:00~17:00
休館日
5月6月9月10月の月末日(土日祝日の場合は翌日)・年末年始・
冬期営業期間(12月1日~3月19日)の土日祝日は要予約
料金
一般・高大生500(450)円/小中生300(260)円/(20名以上)
駐車場
30台(無料)
交通アクセス
上信越道信濃町ICより車5分。しなの鉄道北しなの線黒姫駅下車徒歩8分
ホームページ
ホームページはこちら

今なお心にひびく
俳人一茶の生涯と作品

心に通じる一茶の句

 江戸時代の俳人小林一茶【こばやしいっさ】(1763~1827)は、柏原村【かしわばらむら】(現信濃町)生まれ。15歳で江戸に奉公に出てから俳句を学び、俳人として大成、50歳の時帰郷、以後北信濃で俳句に生涯をささげました。
 展示室の入り口には寺瀬黙山【てらせもくざん】作の木彫『一茶翁』があり、一茶の代表的な俳句を記したパネルが飾られています。常設展示では、一茶の生涯と文学を俳人一茶の誕生、北信濃の宗匠、晩年の一茶、一茶家のくらしといったテーマごとに紹介。『七番日記』『おらが春』などの代表作品や自筆掛軸、文化・文政期の柏原宿の復元模型などを展示しています。
 民俗資料棟は江戸末期の町家を移築したもので、長野県の伝統工芸品である信州鎌、雪国の生活用品、農具などを展示しています。

一茶ゆかりの場所

 一茶記念館がある小丸山公園には、一茶の墓、俳諧寺、一茶の句碑や一茶ゆかりの人々の句碑が数多くあります。俳諧寺は一茶俤堂【おもかげどう】ともいわれ、明治43(1910)年、一茶をしのんで建てられました。
 歩いて10分ほどのところには、一茶が終焉【しゅうえん】を迎えた土蔵「小林一茶旧宅」があり、国史跡に指定されています。また、一茶の弟の屋敷が復元され、往時の面影をしのぶことができます。

写真
写真

展示室

写真

館裏手にある一茶像と俳諧寺

主な展示品

該当する展示品はありません