写真

ステンドグラス

住所
〒382-0028 須坂市臥竜2-4-1
TEL
026(245)0407 
FAX
026(214)5548
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜 祝日(4~10月は翌日)12/29~1/3
料金
高校生以上100(80)円/小中生無料/( )内は20名以上の団体割引料金。特別展示の料金はその都度定める
駐車場
58台(無料)
交通アクセス
上信越道須坂長野東ICより車15分。長野電鉄須坂駅よりタクシー5分。
ホームページ
ホームページはこちら

積石塚古墳から製糸業まで
須坂市の歴史を集約

歴史ある博物館

 須坂市臥竜公園【がりゅうこうえん】内にあり、郷土資料の展示を目的として昭和41(1966)年に開館した博物館です。
 屋頂に相輪があり、館内にはステンドグラスなどがある開館当時の姿をそのまま残している趣ある建物です。館内には3つの展示室があり、須坂藩関係の資料や、蚕糸業の資料、古墳の出土品などを展示しています。
 須坂藩を治めた堀氏関係では、『叒譜【じゃくふ】』を展示。これは13代藩主堀直虎【ほりなおとら】(1836~1868)が写本したといわれる桜図譜で、250の細密な桜の写生図が描かれています。
 蚕糸業では、日本最初の製糸結社「東行社」と「俊明社」を中心に須坂の製糸業について解説。明治~昭和初期まで行われた養蚕や製糸に関する資料を展示しています。

大陸と関係のある古墳

 須坂市内にある八丁鎧塚古墳【はっちょうよろいづかこふん】や本郷大塚古墳などの出土品を展示。八丁鎧塚古墳は、石を積んで造った積石塚古墳【つみいしづかこふん】で東日本では最古最大級です。積石塚古墳は、朝鮮半島に多く見られることから、大陸との関連についても解説しています。

写真
写真

じゃく譜

写真

八丁鎧塚古墳出土帯金具

須坂市立博物館の企画展・イベント情報

主な展示品

該当する展示品はありません