写真

重要文化財 旧松本区裁判所庁舎

住所
〒390-0852 松本市島立2196-1
TEL
0263(47)4515 
FAX
0263(48)0813
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜(休日の場合は翌日) 年末年始6日間
料金
一般・高大生400(300)円/小中生無料/(20名以上)
駐車場
50台(無料)
交通アクセス
長野道松本ICより車3分。松本駅よりバス約25分。松本電鉄上高地線大庭駅下車徒歩15分
ホームページ
ホームページはこちら

市民が守った文化財
信州のたてもの野外博物館

信州の歴史的建造物を移築

 移築した5棟の歴史的建造物を保存公開しています。
 「旧松本区裁判所庁舎」は、明治41年(1908)に松本城二の丸御殿跡に建てられた和風の裁判所庁舎です。明治期に全国で数多く建てられた和風の裁判所庁舎のうち、最も完成度の現存例として、高い歴史的価値が認められ、平成29年11月28日に国の重要文化財に指定されました。また、「工女宿宝来屋」は、野麦峠の麓に旅人宿として建てられ、明治以降は製糸工場へ向かうたくさんの工女達が利用しました。その他に、平成2年まで使用された「旧松本少年刑務所独居舎房」や、信州の近代化を支えた製糸業を今に伝える「旧昭和興業製糸場」、松本藩士の子として生まれのちに社会運動家になった「木下尚江生家」があります。

市民の手で守られた文化財

 重要文化財「旧松本区裁判所庁舎」は、新庁舎建設に伴い一時は取り壊しが決定したものの、これを惜しむ市民運動により移築保存が決定し、移築などの費用のうち約40%が市民の寄付によりまかなわれました。

写真
写真

旧松本少年刑務所独居舎房

写真

旧昭和興業製糸場

松本市歴史の里の企画展・イベント情報

主な展示品

該当する展示品はありません